難しくない!リノベーションと税金のカンケイ

リノベーション情報がいっぱい!

このサイトではリノベーションと固定資産税に関する内容に関して詳細に解説しております。
単にこれらの住宅に関する作業を行った場合に単純にその税額が増えるわけではなく、様々な条件によってその金額が変動することを十分に理解しておかなければならないのですが、このサイトではこれらの様々な条件や方法と税額との関連性を詳しく紹介しているのがポイントです。
さらに耐震補強等特別に認められた工事を行うことで、逆に税額を減らすことができると言うポイントに関しても紹介しています。

リノベーションは固定資産税に影響する?

リノベーションは固定資産税に影響する? リノベーションを行う際には、固定資産税との関連性を十分に意識して行うことがポイントになります。
基本的には住宅の床面積や築年数に応じて決められることが多いその税額ですが、場合によっては様々な要因が重なり変動することもあるので注意をしなければなりません。
特に新しい座椅子を利用した場合などは、その費用対効果によって税額が変動することもあるので注意をすることが必要です。
よくある例としてはこれまでテラスであった部分を部屋にリノベーションした場合、急激にその税額が上昇してしまうと言う例です。
これはこれまで住宅の面積として含まれていなかったテラス部分が、住宅の床面積に含まれてしまったためにこれが増えてしまうと言うことによるもので、イノベーションを行う際にはこのような変動に関する影響も十分に考慮しなければなりません。

リノベーションと固定資産税との関係について

リノベーションと固定資産税との関係について リノベーションはその内容によって固定資産税が上がるケース、変わらないケース、下がるケースがあります。
まず上がるケースというのは、建物の価値を上げる場合です。
例えば建築面積、延床面積が増える増築や構造部以外の内装、外装などの多くの部分の改修、そして建物の使用用途を変更する時などがこれに該当します。
次に変わらないケースは、経年劣化に伴う修繕のための内装リフォームや、主要部分に関わらない柱や壁などを変更する場合です。
建築確認申請しなければならない工事かどうかが固定資産税が増えるかどうかのポイントになります。
最後に下がるケースは地方自治体によって異なりますが、東京23区を例にとると以下の用なケースで考えられます。
窓などの断熱改修工事による省エネ、要介護者のためのバリアフリー化、耐震改修を行った場合です。
またリノベーションについては条件を満たすと補助金を受けられる制度がいくつかありますので、住んでいる地方自治体の最新情報を入手しておくと良いです。
エネルギー収支について条件を満たすリノベーションを行えば受け取れる補助金なども自治体によってはありますので、それらの内容も考慮して賢くリノベーションを行えば、費用を抑えてより良い住まいを作ることができます。

リノベーションを行う際には同時に断熱性を高めるとベストです

住宅の老朽化に伴い、リノベーションを検討したり、普通の戸建て住宅を二世帯住宅へと施工するような場面では、せっかくリノベーションをする良いタイミングなので同時に断熱性を強化することは推奨できることです。古い住宅や西側の地域に関しては、壁が薄く天井裏も木材のみ、床下も基礎が見える状態の住宅が多い傾向にあります。東北よりも北側の地域で北海道などでは十分な寒さ対策を施していることが目立ちますが、断熱資材においては地域に関わらずに十分に資材を使う方法でエアコンの電気代を節約することができたり、冬期間に使う暖房設備も省エネに仕上げることは十分に可能です。一般的には壁や天井にはガラスウールという素材を用いることがありますが、現在では発泡ウレタンの資材を挟み込む方法や、ウレタンフォームを用いて全ての隙間を埋める方法も良い結果を生み出せます。リノベーション自体は希望する範囲で自由に施工できますが、広範囲に及ぶことがリフォームとの違いでもあるので、ガラスウールやウレタンを用いても多額の追加料金が掛かってしまうこともありません。

リノベーションは予算をしっかり計画しよう

古い家を新築のように生まれ変わらせる「リノベーション」。リフォームと違い、間取りなども含めて全く違う物に造り替えることができるのが魅力です。中古マンションを購入して、自分好みにリノベーションして住むのも賢い方法の一つです。どこをどうするかなど、一から自分好みにするには業者とのしっかりとした相談が要になります。予算もそれなりに掛かるので、使用する素材や材料をよく吟味しましょう。マンション丸ごとのリノベーションには、100万円単位で掛かることも少なくありません。考えるほど、ここをこうしたいなどの希望も増えていくものです。それと同時に金額も上がっていくので、あらかじめ予算を決めて、その中でどう上手く作っていくかを考えると、希望額の範囲で収まりやすいです。専門知識の高い業者とのやりとりで、出来るだけお得にできるように交渉してみてください。築年数の古い家も、きっと見違えるように素敵な空間に生まれ変わるはずです。

原状回復のリノベーションなら固定資産税は変わらない

リノベーションをすると固定資産税が上がるとネットの噂で目にした人は多いですが、全ての工事で増税されるわけではありません。状況に応じて増税・減税・現状維持となっているため、工事内容をよく確認したうえでチェックすることが重要です。どんなに大掛かりな工事を行ったとしても、原状回復させただけであれば税金に変化はありません。不動産の評価額に変更がないからです。
基本的に今まで通りの間取りや広さで維持する場合は、変わらないことを理解しておくと工事を依頼するときに税金の心配をする必要がないといいます。ただし、建築確認申請を行う場合には、大掛かりな工事であると判断されて税金が上がるリスクが高いです。あくまでも現状維持のために工事を行っていることを伝えるなどが必要といいます。経年劣化を元の通りに戻す・間取りや基礎をそのまま・耐震補強工事などの場合は、税金に影響がありませんので安心です。基礎などを調節する・壁を壊して治すなどの場合は、リノベーションでも税額が変わる可能性はあります。

大規模なリノベーションは固定資産税の変更につながる?

リノベーションで大規模な工事をした場合、固定資産税が増税されるリスクがあるといわれていますが、本当でしょうか。結論から言えば、工事内容によるのが実情です。どれだけ大規模な工事であっても原状回復のための工事であった場合には増税することはありません。税金アップする場合は間取りが増えることや、建築確認が必要なほど大がかりな工事を行う場合です。不動産の価値によって税金は決められているため、不動産の価値がアップすれば税金が上がることは当然といえます。しかし、経年劣化したものを原状回復させるだけでは不動産価値に変わりがありませんので、税金アップにはつながらないのは当然です。
建築確認申請が必要な場合とは、建物の主要構造部のうち一か所について半分以上の修理や模様替えをする場合で、壁や柱・床などの部分を半分以上新しいものに変えた場合は不動産価値が上がると考えられるため、増税のリスクがあるというのが多くの人の意見となります。ただし、自治体や工事内容により必ずしもその考えに当てはまるわけではないため、建築業者などの専門家に話を聞き、正確な情報を知ってからリノベーションをすることが必要です。

内装部分のリノベーションで固定資産税の額が変わることがある

リノベーションは改修工事によって住宅の価値を高めることをいいますが、リノベーションを行うことがその後の家計に影響することもあります。省エネルギー性能が向上したことで光熱費が安くなるのはその一例ですが、逆に負担が増えることもあるのが、固定資産税です。
固定資産税は、土地や家屋などの価値を自治体が評価し、それに応じて課税される地方税です。その評価方法はかなり複雑ですが、一般的には家屋については経年劣化によって価値が下がるため、築年数が長くなるほど税額は安くなります。しかしリノベーションで劣化した部分を改修すると、一種の「リセット」が起きて再び価値が上がるため、税額も高くなります。
また、工事の内容に応じて税額が変わることもあります。たとえば内装関係なら、天井をクロス張りから塗り天井にしたり、浴室を在来工法からユニット工法に変えたりすると、税額が上昇します。一方、バリアフリーの目的で手すりを取り付けたりする時は、期間限定ではありますが税額が軽減される措置があります。

スケルトンリノベーションは固定資産税の変化に注意

住宅の骨組みを生かしたまま、その内装や雰囲気を大幅に変更するスケルトンリノベーションは、古い住宅を利用して現代的な生活を営むことができるものと注目されています。しかも築年数の古いマンション等の場合には、入居者を増やすことができる効果もあるため、オーナーから非常に注目されているものとなっているのが特徴です。
この方法を用いた場合に一般的には家賃相場がそれほど高くならずに利用することができるため、その資産価値もそれほど変化しないと考えているオーナーが少なくありません。しかし実際にはこれを行うと資産価値が非常に高まり、評価額が高騰するため固定資産税も大きくなることに注意が必要です。
家賃相場は評価額とは異なる基準で推移するものであり、入居者から見た価値に依存するものです。スケルトンリノベーションを行う場合には、この点に十分に注意をし、固定資産税の上昇を予測して維持費の計算を行うことが必要となります。

省エネにつながるリノベーションには固定資産税の減額措置がある

リノベーションによって住宅を大規模改修することは暮らしの快適性を高めることにつながりますが、工事の内容によっては住宅の基本的な性能を高めることもできます。たとえば、省エネルギー性能の向上がこれに当たります。壁や天井を遮熱性能の高い材質で張り替えたり、窓を二重サッシにしたりすると、室内での暮らしが快適になるばかりでなく、光熱費の節約や資源保護にもつながります。
こうしたことから、一定の要件を満たしたリノベーション工事に対しては、国が家計にメリットのある優遇措置をいくつか設けています。その1つが、固定資産税の減額です。これは、壁・床・窓及び天井の断熱改修工事を行った場合、工事完了年の翌年度にかかる固定資産税の3分の1が減額されるというものです。工事内容や住宅の広さについて制限が設けられているほか、費用の総額が60万円以上であることが条件となっていますが、50万円以上60万円未満でも太陽光発電システムの設置など他の工事費との合計額が60万円以上なら適用が受けられます。

大阪でのリノベーションについてもっと調べる

大阪 リノベーション

新着情報

◎2022/7/25

情報を追加しました。


>原状回復のリノベーションなら固定資産税は変わらない
>大規模なリノベーションは固定資産税の変更につながる?
>内装部分のリノベーションで固定資産税の額が変わることがある
>スケルトンリノベーションは固定資産税の変化に注意
>省エネにつながるリノベーションには固定資産税の減額措置がある

◎2021/2/14

リノベーションで資産を守る
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

建物の利用価値を変える
の情報を更新しました。

◎2020/10/9

固定資産税は下がる?
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

固定資産税が増える時
の情報を更新しました。

◎2020/06/30

サイト公開しました

「リノベーション 関連」
に関連するツイート
Twitter

【JASDAQ急落銘柄紹介】 08月18日に終値10をつけた[8918](株)ランド : リノベーション事業と再生可能エネルギー関連が主軸。権利が複雑な物件に強み。

駅前をリノベーション⁈【秋田県能代市】の地域再生がすごい! - LIMIA inc.|秋田県関連

🏢✨オフィスバンクの支援実績✨🏢 大手物流会社のオフィス移転。 部署異動により急遽総務関連全体の責任者に!? マニュアルやノウハウのない移転プロジェクトをどのように進めたのか? 移転やリノベーション 。大きく変わる働き方への対応とは? 👇👇事例記事はこちら

そんな今日リノベーション関連のことで出仕…してました! 確認することしたからもう早々に撤退🏃‍♂️雨降られたわー傘持ってるから大丈夫だけどさー🌂

シェアオフィス&コワーキングスペース関連ニュースまとめ8選。 ビル一棟をリノベーションした複合型シェアオフィスや、 地域を巻き込んで交流とビジネスを生み出すコワーキングスペースなど他。

Copyright (C) 2020 難しくない!リノベーションと税金のカンケイ. All Rights Reserved.